巻之四十九 〈9〉 名馬いけ月、する墨、わか白馬、異説と是非

頼朝卿の時のいけ月とする墨と云う名馬は人が知る通りである。
以前にも話題にした事だが(第3巻)、する墨は駿河国安倍郡の産だという。
それなのに領国壱岐の石田郡黒崎郷に墨山という所がある。
この地にする墨の母馬の墓があるのだ。
『壱岐続風土記』にあることだが。
墨山の辺りに橋があるという。長さ3間半。竜化橋がと云う。
橋の西田中に塚がある。俗する墨の母馬の塚と云う。
里に伝わるには、昔から頼朝の時、ここに牝馬を畜(か)う者がいた。牧に〈今牧野という地名〉置いていたが、牡はいなかったが孕んで、くろ(黒に麗)馬(ごま)を生んだ。
これは竜と交わって生まれた。だから母馬を竜化と名づく。
子馬は長ずるに駿となった。
これを国司に告げた。
国司は頼朝に上(たてまつ)った。
頼朝は美称してする墨と名付けた。

これによれば、する墨は壱岐で産まれだけど、『源平盛衰記』の東国兵馬揃えの条には、折節秘蔵の御馬三疋である。
いけ月、する墨、わか白毛と申す。

陸奥国三戸立の馬は、秀衡の子に元能冠者が参らせたと見える。
すると奥の出になる。
いずれが是なるのか判らない。
また林子が云うには、この名駿は、対馬国で産まれたとかの国の人は云い伝えている。
『津島記事』に書いてあると。

さすれば区々(まちまち)の異説があると聞こえてくる。

※下記写真は対州馬

13857_o.jpg

スポンサーサイト



巻之十 〈20〉 伊達家のおもてなし

ある人が、昔仙台侯の来客の次第を物語った。
まづ客が来ればその末家か田村氏かつ親類の人が待ち受けて客に対応するが、ここでは仙台侯は迎えない。
ややあって侯が出て挨拶をする。
それから一通りの饗応がある。
さて(ここからは)いつも馬場で乗馬が始まる。

領内産の馬数十ないし百余匹を出して、主客ともに騎馬をする〈馬具はいつも鞍よろしくは朱漆で、障泥(あおり、馬具の付属品)は熊毛に限り、その他の品は用いないと云う〉。

因みにその乗り合いや毛色を客が誉めればそれは(誉めた客に対して)贈られる。
かねて用意していて人の氏名の紙の札は四方手(しおで、馬具)につけられている。

それから元席に戻ると、国産の打物、器具、織物などを色々出して、客の好みに合わせて贈る。
この流れが終わると「御供揃い候」と下より申し出て、客は退出すると云う。
何度も取り計らいはこの様子であると云う。
客が各邸に帰るのに、いつも先程の贈り物を先だって邸に届けられる。

また家頼(けらい)や諸客の刀を預かるとき、四品(徳川家、松平家、井伊家、細川家等の大名)以上は袱紗(ふくさ)で堅(たて)に持つ。
諸大夫(大名の家老等)以下はふくさなく横に提ぐ。

また四品以上の刀は刀架に掛ける。
その以下は毛氈(もうせん)を敷いた上に置くと云う。

わしは一度もかの邸に行かないので、その実は視ていないけれども、流石伊達家の風儀は格別の事だと思うままに記した。

この様な事も世のやり方に従って変わっていくものだろうから、今に(これから)如何な事になっていくのだろうか。

巻之ニ十一 〈38〉 盛岡と弘前の確執

奥州の盛岡と弘前は隣り合っている。
この両侯には代々確執がある。

ある年盛岡侯に、公儀御用で領内の檜御買い上げの達しがあったが、領内には檜がないと申し答えた。
それより弘前侯にも同じ沙汰があって、答えた。
「こちらの領分には多くの檜がございます」。

そして隣の侯領の檜山に人をつかわして、木を自在に切って公儀へ出した。
その山地は弘前の領分になってしまった。

盛岡侯は初めに沙汰があった時に、「領分には檜はありません」と云ってしまったので、今更ここは我が領分であると云うことは出来なかった。

「その地は、我が領分であったのだぞ。十六里もあったのだ」と言いふらした。

概して弘前の押領の計略はこの類が多いのだ。


※正しく主張しなければ、とられてしまう。
世渡りは世知辛い、お人好しもいけない。
昔もそうだったのですね。

巻之三十ニ 〈9〉 対馬の河太郎(水虎、河童)

対馬には河太郎がいる。

波よけの石塘(いしども、石で造った堤防)に集まり群れている。
亀が石の上に出て甲羅をさらす様にしている。

丈はニ尺余り人に似ている。老いたもの若いものがいて白髪のものもいる。
髪が生えているものもまた逆に天を衝(つ)くもの種々あるという。

人を見ればみな海に入る。
一般的に人につくのは狐が人につくのと同じである。

国や人に患をなす(悩ます)と云う。
またわしが若い頃、東部で捕らえたと云う図を見た。〈写真を参照〉。

  これは享保(1716~1736)中、本所那須村の芦藪の中の沼田間で子どもを育てているのを村夫が見つけて追い出した。
その捕らえた子どもの図である。

太田澄元と云う本草家の父岩永玄浩が鑑定した所水虎であると云う。

また本所御材木倉取建の時に、芦藪を刈払いをしていて狩り出して獲たと云う。
〈『余録』〉。

0267_o.jpg

続篇 巻之九十九 〈13〉 風上にも置けぬ盗賊

盗賊の者も多くいて、限りないと耳に入ってくる。
当年は北国山陰地方の飢饉により、江都(えど)も米価が高騰して、あらゆる人々は困り果てていた。

この為か、市中にも盗みがあったが、今回聞いたことは誰の仕業か、遊ぶ童をだましたり、菓子で釣ったり、ひと目の届かない処へ誘い、着ている物をはぎ取って逃げたという。

別の件では童をまる裸にして立ち去ったというのだ。
衣服を着ぬ童の泣いているのを見つけた人が語った。

こんな事が起こるとは!何たる世情なのか。

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2915位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
313位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR