巻之ニ 〈ニ八〉 楽を聴く狐

岸本応斎〈輪王寺の坊官。
後罪あったので廃される〉が話したと伝聞する。
かの坊官の任にある時、上野の本坊で楽があった。
その合奏の際、ふと見ると書院の上段の床の上に狐がいた。
楽を聴いて、歓喜の様子である。人々は驚き誰彼と呼び立てて、もの騒がしくなったので逃げ去った。
感心して出たものと思われる。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1485位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
225位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR