続編 巻之七十 〈一一〉 狐つき

わしの身内に茶道をする老婆がいる。
年七十余りで気持ちの安定が常でない。
狐つきらしいと思われ、よく未来を云い、過去を説いては違わない。
動(やや)もすれば、ここに居れば害に遭うと云っている。
人がその側を離れれば、逃げ出そうとする。
家内では憂えている。
それで祈祷者に占わせた。
ガマの目の法を施せば、この妖魔は去ると云う。
わしは仄かにこれを聞いた。
「どうしてガマの目の法を行うと去るのか。早く邸中の年少の者に、かの家に就て指矢を射させるのだ。そうしたら、妖狐は即去るだろう」。
未だかつてこんなことはなかったが、老婆が云う。
「日を置かず、ガマの目の法を行って下さい。そうすれば、速やかに去るでしょう。やらないと死んでしまいます」。
これで老婆は正常に回復した。奇跡だ。
この老婆は、もともと聾だったとここで聞いた。
狐つきの間はよく人の私語を聞き、また話を細かく弁じていた。
狐は去り元の聾に戻った。これもまた奇跡である。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1485位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
225位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR