巻之2   〔29〕 雄峰和尚、中秋の名月、川に浮かべたものの趣を語る

 天祥寺雄峰和尚が、吾が松英君(諱、篤信。肥前守)の事を物語った。

 若き頃、中秋名月の時、隅田川の上流に船を浮かべ、金銀の扇を数枚河水に投げて、月光に映じて流れ行くのを観賞したと云う。

 今の世とはその韵(ひびき)や趣が殊更なる事を見たいもの。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR