続篇 巻之四十六 〈一四〉 婦人の肖像画

前に近年渡来した和蘭婦女の図を載せた。
わしはまた崎陽邸の留守に命じてかの婦人の肖像画を呈した。
数カ月を経て送られてきた。かの地で刻版された形容は殊更である。
右、蛮人は蛮画の態がある。
和人は和画の態がある。
和画の意味を以て蛮人容貌を写す。
よって自ら容色も別になるものである。


33509_o.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
845位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
157位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR