巻之100   〔2〕 温泉水の変化

文政10年(1827)春の末、上州伊香保の温泉場に失火があって、一郷焼けてしまった
翌日より温泉みな冷水になった。
10日を過ぎて元に戻ったという。

また文政3年(1820)の頃だったか。
富士山が山荒れして、箱根の温泉が冷泉に変わったという。
地底の火脉(みゃく、血管、すじのこと)が発する為か。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR