続篇  巻之70  〔18〕 林家の家紋について

 この日林子の着ている継肩衣の紋に、見馴れない牡丹がついていた。
この故を問うたら「家先(ここでは先祖)の道春(江戸初期の儒者、林羅山の剃髪後の号)は、はじめ浪人儒者で京住まいの頃、近衛公に召されて眷遇を蒙り、遂に家の牡丹紋をも賜ったのですよ」と云った。

 わしの悪口に、これまで多年の中(多年深い関りがあった)見えなかったが、子(道春の)は新作ならなかったのか。
抑々今の御代所に媚び奉るに非ず等と云って、微笑ましい。
実にその賜紋は古き伝えで、今も家の古器に、杏葉牡丹を蒔絵したものが往々にしてあるというぞ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR