三篇  巻之39  〔13〕 知門宮児桃丸に恋慕した娘と飲みかけの茶を争って飲んだ婢女(メシモリ)と

 先年、知門の宮が御下向のとき従った児(チゴ)の桃丸が容色の勝るのは既に記した。
わしのもとにも来て、観楽した。
後宮の御帰洛のとき、桃丸も随って上る道中、大津の駅を過ぎるとき、土地の富農の女(ムスメ)が塗(みち)に出て宮の御通りを拝観したが、桃丸を見て恋慕して、追慕が続く。
遂に病になり瘦せ衰えてしまった。
父母は憂いてそのゆえを問うて、訳を知った。
父母はその事を京師に告げて、ついに女を桃丸へ与えて配嫁させたと。

この事を宮原氏〔高家〕が来たときに、宴中に語る者がいた。
迺(すなわち)宮原は「文政中(1818~1830)とか、鷹司右大将殿〔五摂家の一〕が関東下向の旅次に、大磯とかの駅に宿されたときに、公年20、容色美麗なのを、舎の婢女どもが物蔭より窺って懸想していたんですね。
駕籠が出て、言い合って、この好男子(イロオトコ)の飲みかけと云って、茶盌に残った茶があると争って奪い合って飲んだと云うんですね。
そしてその夜、みな発熱して殆ど今にも狂うのではないかとみえたのです。
宿長は驚いて、術家(ウラナイシャ)に占わせると、『これは上を犯す祟りです』と云ったそうです。
宿長はこれを不審に思って、婢女に質すと、何があったかを告げました。
(そこで)聞いていた者たちは恐怖を感じたということです」。

これは前の話と同じで、その旨相反するのでは。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
845位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
157位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR