巻之24  〔2〕 両国の納涼船、今昔

 世の有り様は 今と昔とは替わるものがある。
わしが十歳の頃より十八、九ばかり迄は、両国の納涼に往ったり、かの辺りを通行するに、川中に浮かべる舟幾艘だったか数しれず。
大きいものは屋形船、小さいものは屋根舟、その他平た船、似たり舟など云うものも数しれず。
或は侯家の夫人女伴花のように、懸燈は珠を連ねたように船数十艘、この他管弦、闘挙、倡哥、戯舞に非ざるは無し。
故に水色燈光に映じて繁昌甚だしいものだった。

 この間に往々一小舟あって、大きな鼓を置いて、節操もなく漫に累撾し、その喧噪も言葉で云い尽くせない。
この舟は必ず弦詠、謡曲、或は倡舞する船の傍に到って鼓を打って大叫の音声を出していた。

これを人を通じて止めてもらおうとしたが退かなかった。
いくら頼んでも止むことがないので金銭を与えて退いてもらった。
こうして鼓舟は金銭を受けて退いたのだが、傍の船もこれを覚えて、遂に数金を得て退くようになってしまった。

 世はこれをあやかし舟と呼んだが、寛政(1789~1801年)に諸般改正されてからは風俗は一変し、この類の舟は絶えてなくなった。

 今三十余年を過ぎて、世風寛政の頃とも大いに違うが、かの舟などは遂に昔にかえることはなく、今知る人も稀である。
また両国川のさまも、屋形船は稀に二、三艘、屋根舟も処々往来するが、多くは寂然、わずかに弦哥するのもあったり、無かったり。
たまたま屋形船の懸燈は川水を照らしても、多くは無声の船のみ。
年老いたるは悲しいけれども、昔の盛んな頃を回想しながら、このような時もあったと思えば、また心中の楽事は今人に優れているのか、如何なものか。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
845位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
157位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR