巻之十ニ 九 鷹狩りと人相見

徳廟(今は亡き将軍、どの御代か不明だが)が葛西の辺で御鷹を放たれた時のこと(御鷹狩)、ある農家に立ち寄られたという。
その家の農夫はかねてより人相見として近郷に知られていた。
徳廟はその時御鷹の所で御足を泥汚れをたまわれ、洗わせる為に、従いたまわる者が、人や水を参らせよと云った。
農夫は早速出て来てお側に寄って、御足に水を濯ぎながら、仰いで御顔を見奉り、「ところでおまえはこの上なくよい御人相をしている」と云った。
(将軍は)大いに笑わせたまわり、「かの上手な人相見かな。褒めてやれ」と左右の家来にいわるた。
御賞美の物を下さる事になったという。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
845位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
157位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR