巻之77 〔14〕老境に入る者に非ざれば

 1官儒がある日わしに会釈して、私語をした。

 聞くと川柳の句であった。曰く。
  

     目は眼鏡歯は入歯でもことたれど
 
 わしは「悟道だね」と云った。

 これは老境に入る者に非ざれば知ることは難しいだろう。

 少壮の輩、奈之何(これいかん)。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR