続編 巻之51 〔3〕 狐の祟りも、人の口はまちまち

印宗和尚の話。播州竜門寺との文通によると。

京東本願寺が火事で焼けた時に、尾州名古屋より仮のお堂を京へ送る。

海運の途中、船数艘に積んでいたら、柱積んだ中で大船2艘に船火事が起こり、積材は燃えて尽きてしまった、と。

人が云うには、これは狐の祟りか、と。

また松尾華厳寺の手紙には、本願寺の本堂注文の中、大工の棟梁が心得違いを起こして、柱10本の長さ1間ずつ短く切ってしまった、とのこと。

大きな木材なので、にわかには取り入れられなかった。

けれども、本堂の建て方を早急に調えることは出来ず、これにより仮のお堂の沙汰(尾州竜門寺から仮のお堂を送る事は)に及んだのだと。

前半に仮のお堂の事は本当に起こった事と記したが、人の口はまちまちで何が真実なのか。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1485位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
225位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR