巻之90  〔12〕武役の柔弱さよと嘆く

 蕉堂曰く。

  11月朔日、若君様の御髪置の御祝式があった。

 その5日御祝の申楽を催され、諸有司に饗を賜われた。

 翌6日奉謝として老臣の邸を人々は廻拝した。

 某もその中にあれば、同じく廻動すると、大番頭の中の1人が書院番頭の中の1人が途中にて行きき合った。

 互いに乗輿の戸を引いて会釈した。

 よく見ると手炉に蒲団を掛けたものに、手を入れていたが、俄かに出して会釈している。
 
 両人はそれぞれ中年の人である。この冬は節季がおくれ、今も暖気にて寒を覚えない。

 殊にその時は未(午後2時頃)を下り薄曇りにて風もなく、春陰の光景の様な日であった。
 
 それなのにこの様な形容は如何なることであろうか。

 況や武役専一の人達のこの様な振舞は余りと興が醒めたこよとあきれ果ててしまった。
 
 近ごろは何かなることにて人々はこうも柔弱に成り果ててしまったと嘆かわしく思った。

 某は今年殆ど60であるが、未だ衣を緩く着ることをせず、火燵に当たることはない。湯にて手を洗う事はなく、駕籠の廉を下ろすことはない。
 
 また駕中に火器を入れたことはなく、家に在って障子を閉めることはない。某は固より寒を好むでもない。

 常に火器を使わないのは、必要でないと思う故にこそ。

 さても世には不甲斐性なる人もあると、しみじみ独り嘆いたと。

  蕉堂は儒官、わしは武家。

 且つわしの齢は既に蕉に倍すること78。

 つまり今隠老の身となっても、蕉氏との交流の為に劣えることなく元気でいられる。

 だから蕉氏の歎き尤も千万であるかと。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR