続篇  巻之10  〔16〕『節分豆打図考』

 戌子(文政11年、1828年か)の正月2日、松の舎与清、1本を持ってきて、歳首(歳のはじめ)を賀すと云う。その本に題して云う。『節分豆打図考』。その文並びに図(写真参照、以下文ママ)。
 『躬恒集』、しはすのつごもりの夜、儺(ナ)の鬼を、乀おに(鬼)すらも都のうちとみの(蓑)の笠をぬ(脱)ぎてや今宵人にみゆらん
 『新撰六帖』一、衣笠内府、としのくれ、乀もゝ敷の大宮人もき(聞)ゝつ(継)ぎて鬼おふほどに夜は成にけり
 『宗長手記』下、節分の夜、大豆うつを聞て、乀福はうちへいり豆の今夜ももてなし(饗応)をひろひ(拾)ひろひや鬼は出らん。京には厄おとしとて、年の数銭をつゝみて、乞食の夜行にお(落)としてとらすることをおもひやりて、乀かぞふれば我八十の雑事銭やく(厄)(役)とていかがお(落)としやるべき
 『当時年中行事』上云。節分、ちらし(散)あぶら(燈)を供ず。夕方常の御所(清涼殿)例の御座にて御盃まゐる。先芋〔かはらけ二ッに入〕供ず。次に豆〔かはらけに二ッに入〕を供ず。次に折櫃(オリウヅ)二ッ、豆を入て、三方にすゑてもてまゐる。陪膳三方ながら御前にさしよす。折櫃二ッのふち(縁)を合て、二ッながら御左の手にとらせ給ひて、折櫃の中なる、豆のうへ(上)におほ(掩)ひたる土器(カハラケ)を、右の御手にて吉方(エハウ)へ三反打(サンベンウタ)せ給ふ。吉方若(モシ)御うしろ(後)の方ならば、御うしろざま(後方)に打(ウチ)給ふなり。打終らせ給ひて、三方に置せ給ふ。陪膳とりて勾当(コウタウ、勾当内侍)に伝ふ。
 勾当二(フタツ)の折(折櫃)を左の手にてとり、右の手にてうしろざま(後方)に、立
ながら一間に三反づつ打て、御殿(清涼殿)中御湯殿(ヂュウオユドノ)の上までをうち(打)め(廻)ぐる。此間(アヒダ)に土器(カハラケ)に入たる豆を御年の数まゐる。勾当帰り参りて、香炉に追儺香(ツヰナカウ)をくゆ(薫)らかしてもてまゐる。かが(嗅)しめ給ひて返し給ふ。女中次第にとり渡してき(嗅)く。その後勾当内侍また御殿中を持てめぐる。次に銚子いづ。御盃まゐりて、一献(イツコン、流杯)通る。御前を徹して、さげ直衣め(召)さしまして、御方違へになる(幸)。内侍燭を持て御先へまゐる。次に勾当ひとへ(単)ぎぬ(衣)着て、御剣(ミハカシ)をもてまゐる。御後(ゴゞ)には女中襠(ウチカケ)ばかり着て、ひるまうけ(昼設)の所にいら(入御)せましまして、三献(サンコン)まゐる。三こんめ天酌にて、女中男(ヲトコ)御通(流杯)しあり。御前を徹して、殿上へ(人イ)御鶏三声の後還御。勾当御やくはらひ(厄払)〔豆は年の数。鳥目も年の数。引合一かさねにおしつゝむなり〕、持てまゐる。御身を撫られて返さる。給はりてうしろ(後)をかへ(顧)りみざるやうに退(シリゾ)くを故実とす、云々。
 按、節分の夜の豆打〔『壒嚢抄』〕一、『附喪神記』、『元長日記』文亀四年(1504年)正月十一日条、『宣胤卿記』永正十四年(1517年)十二月十六日条、『宗長手記』下、『宗牧東国紀行』、『世諺問答』十二月条、『羅山文集』五十六、『当時年中行事』上〕
鬼を追う〔『躬恒集』、『新撰六帖』一、『夫木抄』冬三、『下学集』時節門、『宗長手記』下、『宗牧東国紀行』、『羅山文集』五十六〕
 福は内鬼は外〔『宗長手記』下、『羅山文集』五十六〕
 厄払〔『宗長手記』下、『当時年中行事』上〕
 鰡(ナヨシ)のかしら〔『土佐日記』〕
 鰯の炙串(ヤキグシ)〔『壒嚢抄』一、『四季物語』十二月条〕
 拘骨(ヒヒラギ)〔『土佐日記』、『四季物語』十二月条、『多識篇』灌木類部、『羅山文集』五十六〕
 燻薬(カギグスリ)〔『四季物語』十二月条、『当時年中行事』上〕などいえる名目、古く物に見ゆ。豆をもて邪気を駆(カリ)、或は祝事に用るは、漢籍(カラブミ)〔『事物記原』『東京夢華録』『太平御覧』『類書纂要』『広東新語』〕に見えたるいとおほし。また追儺に赤丸(セキグワン)五穀を播(ホドス)よしありて〔『後漢書』礼儀志注〕、此五穀の中には大豆(マメ)もこもりたり。文政十年(1827年)十二月廿日節分夜。源与清識。
 勾当内侍〔第一掌待、或は長橋局と号す〕豆打及に散油(チラシノアブラ)〔切燈台〕図は、平戸の藩士山本景興蔵する所の土佐守藤の光貞朝臣之図を以て、同藩の士井出利泰写する之を模する者なり。
 


202312012017120b3.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
845位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
157位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR