三篇  巻之58  〔4〕「ぎつしや」、「すゐてんぐ」、水天宮、二子山を訊ねる

 正月19日、芝の飯倉へ能見物に往って棧敷にて、諸客の話したことが耳底にたまったものを次に記録する。
 
〇大御所公へ、先年牛車の宣下があったと。この牛車は「ぎつしや」とつめて唱える事だと。朝臣東下の武夫某は知らぬ。官に対して奉り恐れ入ることである。
 
〇松岡清左衛門が桟敷へ来たので、わしは、「近来その藩東都の第(やしき)中に、『すゐてんぐ』という神祠が、殊更に発光するが、これは何を祭っておられるか」と問えば、「天御中主を祭ります」と答えた。またわしは「平氏二位尼と世上で云うが、如何(いかん)」と云った。「これは安徳帝と尼と今は附祭しますが、正殿ではありません」と答えた。またわしは「世の水天宮と謂う、然りか」と問うと。「然りでございます」と云う。「これは何の意味か」と問うと、「未だ審らかにしておりません」と答える。また(わしは)「今また世人は水天狗と云うは如何か」と問う。「宮を狗と呼ぶのは、全く俗称です」と云って笑った。わしは「かの水天宮の神印と云うものを、世は崇重して禱(いの)る。印章を視ると、五大力明王の種字だな。すると仏印であろうか」と云った。「このことはわかりません」と答える。すると藩人は還ってこの如し。わしはまた「その本藩、本社の結構は如何かな」と問うた。「当都芝明神宮のほどなりですね。ならば小社ではありませんね」と。「式社か」と問う。「そうです」と云った。〔因みにわしは『神名帳』を閲覧すると、築後国四座。・三井郡三座。・高良玉垂命神社。・名神大。・伊勢天照御祖神社。・豊比咩神社。・名神大。・御原郡一座。小。・御勢大霊石神社〕何の社であろうか。また「定めし当地のように繁昌に群参はないだろうね」と問うと、「そのようにひっそりした地ですね。」と答える。ならばその神位崇めるべし。都下の出張(デバリ)は全く浮華のおこりで、人妖の類だろうか。それに就き云う事は、「この群誦に因っては定めし賽物等多分であろう。如何侯家の益となるのかな」と問うと、「尤もでございます」と答えた。つまりこの賽物を有益の事に当てれば、とかく災禍のことがある。因ってただその普請の費か、また風流のように用いれば、難はない。世に謂う溜めて益とするなら、必ず殃厄に遭うと。すればこれを本社の神威とするのか。仰せはまた如何であろう。

 〇また1人が語る。京師の六波羅蜜寺は、昔平氏蓄昌のとき六波羅の処である。因って今かの蜜寺の裡に浄海入道の墓がある。清盛を葬った所と云う。けれども積年の久しい、素より小さな五輪の塔であるのに、その辺り荊(イバラ)棘が生いしげって、殊に悲嘆すべく思えば、里俗清盛の名を想って、荊棘を刈って、墓兆に石垣を築繞(ツキメグ)らし、墓辺を掃除すれば、その事に寄せる者、みな発熱して大いに苦しんだ。その中病の甚だしい者は狂乱して、「我が墓草の中に埋もれているのは、固より甘んじ楽のように思える。今新たに払浄しようとする俗意はよくないと思う。因ってこう怒ったと云うのを、傍の人みな聴いて甚だ驚き、早速石垣を取り崩すと、衆の病もまたみなもとに復して故(もと)の如しだと。奇異と映るが、どうだろうか。

 〇相の箱根山のつづき二子山と云うのがあるが、世の知る所である。また世に謂うは、魔の所にて人が渉ることを禁じている。棧敷に梅塢いているが、云うには、かの二子山は魔地と謂うこと聞いた所である。某かつて忍んでかの山上に登ると、魑魅の気はなかった。つまりまず箱根の御関所を臨むこと目下にあって、嶮(けわしいの意)要残りなく見える。
 また小田原城もまた目下にて、城内が悉く見える。遥になるが、相府川の番所も同じに臨底とすると、するとここに登って下し瞻(み)れば、御要害の地がみな目下にある。因って若しくは魔所と称して、人が登り臨むを避けたか。

 或はまた魔に逢った者がいたか。某は不異であり、唯眺臨を縦(ホシイママ)にしたことかと。麾(さしまねく意)下の面々は心得があるのだろう。

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR