巻之六 〈二六〉 血判をする時の教え

誠嶽君〈誠信、肥前の守〉、清(静山公の隠遁前の名前、本名)に謂われたことは。
「我は御代替わりの誓詞を両度まで老職の邸にて為た。
その時、座席に小刀を用意してあるが、その小刀で指を刺すと、出血が気持ちよくなく、血判はあざやかにならない。
だから大きな針をよく磨いて、懐に忍ばす。こうして、その事をやるのだぞ。
また予め膏薬を懐にして、事あればこれをつけるとよい」と給われるので、清も当御代替わりの誓出血の時は、教えの様に針を以て指を刺したが、快く血が出た。
血判の表も恥ずかしくなかった。
その席を退いて血流が止まらなければ、そく教えを以て用意した膏薬を傷口につけたら、血は止まる。
その教えは、かたじけなきことであった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR