続 巻之十七 〈一〉 迷子

五六歳くらいの迷子がいた。
町役人は住所を尋ねるがわからない。
腰に迷子札があるかと見るがない。着物の下に書いてないかと、着物を脱がせ見るがそれもない。
臀部に大きな痣(アザ)がある。
町役人は近づいて見ると屁を放った。
それを頼りに聞いて回るが住所は分からない。
町役人は独り言を云った「尻にアザ、屁となると、麻布の者ではないなあ」。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
845位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
157位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR