巻之五十 〈2〉 渡り鳥が稲を銜んで来る

行智(江戸時代後期の山伏、梵学学者、宝永7.1778〜天保12.1841)が屋代太郎(屋代弘賢、江戸幕府御家人、宝暦8.1758〜天保12.1841)から得たと稲穂を持ってきた。
その図は写真参照。
これは奥州会津のあたりに鶴が銜(ふく、くわえるの意味)んで来ると云う。
米粒はことに長い。
何と云う稲で何れの国の産なのだろうか。

92693_o.jpg

わしの領国壱岐にも、鶴がわたって来るときは、間々朝鮮人参を銜んで来ることがあって人がこれを拾う。


※渡り鳥が、何か銜えて来るのは、初めて知りました。銜えるを銜(ふく)むという使い方も初めてでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

鹿児島弁では、「くくん」とか、「くくまゆっ」と、言います。

No title

丸尾 さぁ
くくん、くくまゆっ。
また、おもしてか〜。

No title

咥える(ふくむ)とは 漢字が出てこないですね(・・)
それで… 鳥が谷川の下から稚魚を咥えて上流、
滝の上などに運んでいるのを見ていた猟師などの話を、TVで紹介していたことがあったのです。
養殖をしているのでは、上流に稚魚がいるのは不思議なことだとか…あれこれと云うひと達で盛上がったのでした🍊 

No title

和賀さん
調べたら、ちゃんとありました。
昔の人の語彙の豊かさに唸りました。
非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR