巻之八 〈3〉 狐に化かされる鳥

邸の隣の住人に聞いた話。

某が幼い時、上野山下の根岸に住んでいた。
(根岸:現台東区、上野の崖の下にあって、海が入り込んでいたころ、木の根のように岸辺がつづいていたからという、ウィキペディアより)

その時山から老狐が出てきて、よく馴れた。
食をあたえると家に入り人の傍で食べた。

この狐は人ばかりでなく、鳥類も化かすと知られていたが、一日鳥が来て樹の小枝にいた。
この狐がその樹を回ると、鳥は飛びさる事が出来なかった。
狐が樹の下にいて頭を揺らすと、鳥も樹の上で頭を揺らしていた。

狐がやる事一切を、その通りにしたのだ。
とするならば、血気あふれるものは、疾走(原文は飛び走り)の類も(狐に)惑わされたものと見た。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1485位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
225位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR