巻之六十ニ 〈2〉 本多忠勝の法号

ある人曰く。
本多忠勝の法号を西岸寺と云う。

神霊を燈明寺に祀り、映世大神明と称する〈燈明寺下谷にあるのは、巻之ニ十にある〉。
今岡崎候より、正、五、九月には必ず代参がありますと。

また忠勝は甲冑の像で祀っていると云う。
だから従兄本田三楽〈越中守。今退老している〉にこのことを問うと、燈明寺には像がない。
神号を書して祀ると聞いた。

もし参拝されたら、かの寺並びに中の書家に云い遺すように。
三楽家には未だ参詣していないのは、その故にと聞く。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR