巻之一 ニ四 忠義の狐の話し

これは昔のこと。物語とも云えるだろうか。羽州秋田に何とかという狐がおり、人に馴れ、またよく走る。だから秋田侯の内で、書信がある度にその、狐の首に手紙をまとわせて江戸までやっていたのだという。しばしばその素速い獣の力を借りた。ところが、ある時書信がつかないという。はなはだ疑い訝った家人がその行方を探し求めると、途中大雪に逢い傷ついたと見えて雪中に埋もれていたという。



普の陸機(261303。儒学の教養を身につけ、礼に外れる後遺はしなかった、ウィキより)の犬の故事に類する話である。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1485位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
225位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR