巻之一 〈一七〉 寄合石川兵庫の母三也子(みやこ)のこと

三也子(みやこ)と云うは、寄合石川兵庫〈四千石〉の生母である。

わしは久しく相知っていたが、貞操温順な性質で和歌を好んだ。

年七十余りに身失せぬ。

その後久しくして石川氏を訪ねて語り、この人の事に及んだ。

石川が云うには、三也は常に桜の花を愛した。

年老いて後、身のよしある寺院に、亡くなり葬る地を卜し、桜の樹を植えてあらかじめ墓標にした。

花時には常にその下に行き、愛でた。

その詠は以下の通り。

  春毎に咲くべき花をたのみつつ

       とはれむ種をけふぞうへける

わしはその志しの優れるを聞いて、益々追悼に堪えず。

よってしるして後に伝える。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR