巻之30 〔2〕  名馬亘り

 徳廟の御代に。
亘りと云う名馬あったことはは既に記されている。

 この頃また聞く。
遠く御成りの時に亘りにめさるようと仰るので、御馬役の者は、「亘りはかんが強いので野辺にはご無用でございます」と申し上げるが、苦しからずとめされるが、果たして逸走してしまった。
野辺のことなので御供も追いつかなかった。

 御かげを見失って衆みな色を損した。
このような中で、はるかの向うから戻る御様子が見えるので、人々の顔は喜びに満ちた。
思い思いにそばに駆け寄る。

 時に上意あるときはいかにも善い馬である。
以来野辺には必ずこの馬を出させよとの御諚である。
この後はいつも亘りにめされたとのこと。聞き奉るも御英偶の御ことである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
667位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
131位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR