巻之31 (4) 地雷火、狐火

 長岡侯(牧野備前守。元閣老。病により今免)在邑のとき、家士が火術を心得た者どもが地雷火を試そうと、某の野山をかけてやっていた。

 来る幾日にと云う者も伺い出たので、侯は許された。

 その前夜に1100の狐火が、その山野に満ちてさまざまの形容を為した。
あたかも地雷火がほとばしり走る様にその中に存在感をなしていた。

 狐が物事を前もって知るのは、珍しい事ではないながら、火術の真似をするのは最奇聞である(蜂洲話)。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

最新の記事(全記事表示付き)

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1485位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
225位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR