巻之31 (3) 神祖の御宮

 神祖(家康公)の御宮で官より造られる処は7ヶ所と云う。
日光山、久能山、上野、紅葉山、仙波、世良田、船橋(太神宮の坐す地である)である。
光山以下世良田までの御宮は、何れも御厨子は3つあると云う。
これは御3代の尊儀ではなく、神秘の旨があると云う。
世にこのことを知る人はあるだろうか。

 ただし船橋の御宮は御厨子は1つだと云う。

 また因みに云う。
林氏がかつて云ったことである。
御宮が諸国に今ではおびただしくあるという。

 その内官を経て造立するものがある。
全く私造のものもある。

 官の御役人が遠国に行く時、官を経た御宮は礼拝する。

 私造の事を官に問い合わせると、たとえ壮麗な宮居でも礼拝しないのが作法と云った。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

百合の若

Author:百合の若
FC2ブログへようこそ!

検索(全文検索)

記事に含まれる文字を検索します。

訪問者数

(2020.11.25~)

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
845位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
157位
サブジャンルランキングを見る>>

QRコード

QR